本・書籍

【メモの魔力】レビュー・感想・要約・評判まとめ!前田裕二流のメモとは?

更新日:

メモの魔力・前田祐二

今回は、ライブ配信サービス会社「SHOWROOM」の社長・前田裕二さんの著書『メモの魔力 -The Magic of Memos-』のレビュー・感想・要約・評判をまとめてお伝えします!

 

仕事などではメモをすることが大事ってよく聞きますけど、メモを取ることって意外と難しいですよね。

 

本書「メモの魔力」の著者である前田裕二さんは、小学生の頃からメモをすることが大好きで、常日頃から気になったもののメモを取ってはトライ&エラーを繰り返し、のちに「SHOWROOM」という大人気ライブ配信サービス会社を生み出しました!

 

メモにとりつかれた男・前田裕二さんが初めて「メモ」のすばらしさを熱く語ったのが今回の書籍「メモの魔力 -The Magic of Memos-」です!

 

本書はメモについて徹底的に解説しており、「メモの必要性」や「ノート・メモ帳の正しい書き方」などを分かりやすく説明している内容に加え、巻末には「自己分析のための1000問」というものが用意されています!

 

あなたも本書を読んで「メモ」恐るべき本当の力を知り、そして身につけ、平凡な人生を抜け出して自己成長を感じられる人生を歩んでいきましょう!

メモの大切さ・正しい取り方を改めて学びましょう!

【メモの魔力】感想

メモの魔力

私はメモを取ることが昔から本当に苦手でした。

 

大事なことをメモしろ」と言われても、何が大事なことなのかが分からないし、言われたことを全てメモしようとすると間に合わなくなるんです。

 

あなたもこんな経験ないですか?

 

結局はメモを諦めて、自分の記憶力に頼ってしまうことがほとんどでした。

 

私は、結構自分の中では一般の方よりも記憶力が良いと思っているのですが、それでもやっぱり忘れてしまうんですよね。笑

 

そんな中で「メモの魔力」と出会って、「メモってこんなに重要で、しかもやり方を変えれば思ってた以上に簡単だし楽しいじゃん!」と思うようになりました!

 

今ではメモを取ることが楽しくなり、文章力や会話力も身に着き、いろんなアイデアも日に日に生み出しやすくなっています。

 

この本はぜひたくさんの方に読んで欲しい一冊です!

【メモの魔力】要約

本当に強い人というのは「思いの強い人」。志が高く、夢や熱意がある人

 

本作の著者・前田裕二さんにとって「思いが強い人」になる手段がノートやメモ帳、そして本書巻末にある1000問の問いに答えることであったのです。

 

メモを取ることで「5つの力」を手に入れることができます。

メモを取ることで得られる5つの力

「知的生産性」

新たな情報をメモに取ることで記録することができ、それらの情報から新たなアイデアを生み出すことができるようになります。

「情報獲得の伝達率」

知的生産性が身に着き、新たなアイデアを生み出したことで、必要な情報が何なのかが分かるようになります。

「傾聴能力」

しっかり聞いてメモを取る為、話を聞く力が身に着きます。

「構造化能力」

相手の話を聞いたりメモを取ったりすることで、「話の組み立て方」や「アイデアを生み出すための情報の組み立て方」が分かるようになります。

「言語化能力」

メモを取ることで、自分の頭の中の情報や気持ちを整理することができ、上手く言葉にできるようになります。

 

の5つとなります。

前田裕二さんが行っていたメモの取り方

 

  • ファクト」・・・インプットした「ファクト(事実)」を書き出す。

 

  • 抽象化」・・・ファクト(事実)を基に、気づきを応用可能にする。

 

  • 転用」・・・抽象化させたものを自らの行動に組み入れる

 

その中でも②の「抽象化」には、①の「ファクト(事実)」によって3つの型の使い分けが必要となります。

 

その1「What型」

ファクトを抽象化して別の名前で呼びなおす「言語化」

 

その2「How型」

ファクトに対してどんな特徴があるかを深堀する「特徴の抽出」

 

その3「Why型」

ファクトの理由を抽出して本質を知る「本質の抽出」

 

 

世の中で上手くいっているもの

自分が興味を持ったもの、気になったもの

を素通りするのではなく、メモをとり抽象化してその本質を理解することで自分の成長につながります。

 

単なるゲームで終わらせずに、自分に具体的な「問題意識」や「転用すべき他の課題」を持つことで取り組みやすくなります。

 

ノートやメモ帳などにメモを取ることの他に、SNSに投稿するのも良い方法です。

 

その際に、ただの感想だけで発信するのではなく、「どう思ったのか」や「そう思った理由」など、自分の言葉での説明を付けて発信することで、言語化能力が身につきます。

 

 

まず、自己分析を行い「自分を知る」ことが何よりも重要です。

 

「自分自身」や「自分の望み」を知らないままビジネス書を読んだり、セミナーに参加したりしてもほとんど身に着きません。

 

「自分は何をやりたいのか?」という『自分の興味や好きなこと』を知ることで、作業の進み方や成長のスピードが格段に上がります。

 

本作の巻末には「自己分析1000問」という項目がありますので、1000問全てはあまりに多くの時間がかかるため、本書を読む際には100問ほどやってみるべきです!

【メモの魔力】評判・口コミ

アマゾンに書き込まれている口コミを評価ごとにご紹介します!

 

★★★★★ 知的生産のためのメモができる

メモは備忘録のためのもの。使えば見返すこともない。でも、「ファクト→抽象化→転用」のフォーマットに乗せて、世の中を見渡せば、日常から新しいアイデアを生むことができる。

 

ぼくはNewsPicksの記事で前田流メモ術を知ってから1ヶ月くらい経過した頃に、本書を読んだが、前田流のメモがいかに有効かを肌で実感した。

 

ペンを取り、メモをしないと、この本の価値は測りかねる。

 

 

★★★★★ 魔力はすでに、あなたの姿勢に宿っている。

本書において、メモを取ることは「姿勢である」と言います。

 

手付かずのメモ帳を量産してきた私にとって突き刺さる言葉でした。

 

 

「人生の軸」を見つけることができれば、予測困難な時代を生き抜くことができる。

 

そのためにも、前田氏は「ファクト→抽象化→転用」という手法で、日常を切り取ったメモを活用することで、自身の軸にいち早くたどり着くといいます。

 

 

「ファクト→抽象」では、自身の持っている知見で物事を掘り下げることになります。

 

しかし、この作業ばかりをしていると自分が知っている範囲内でしか掘り下げることができないため、視野搾取となってしまいます。

 

そこで「転用」の段で、一気に思想をジャンプさせて実際のアクションに結びつけることが重要です。

 

 

最初は簡単なものからでもいいでしょう。向き合い続けることに意義があります。

 

 

早速メモ帳と多色ボールペンを用意しました。姿勢を正して自分と向き合おうと思います。

 

Facebookにて巻末の自己分析1000問をやり遂げるグループが発足していて楽しみです。

 

 

未来の成功者インタビューで本書の名が上がるようになれば、魔力が証明されたことになるでしょう。

 

その期待を込めて星5としました。

★★★★☆ メモは現実化する

前作が自分に大きな影響を与えてくれたので、さっそく購入しました。

 

内容はNewsPicksに掲載されている前田裕二さんの記事をまとめたような内容だと感じました。

 

 

前田裕二流の思考を深め、気づきを得て、次の行動につながるメモの取り方が実例を交えながら細かく解説されています。

 

巻末には1000問もの自分を知るための質問が附属されていて、自分のことを言語化するトレーニングにもなるので就活生や新しい自分に出会いたい人にオススメです。

 

 

前田さんのたとえ話は面白いし、納得させられるものが多い。中盤で登場する流れ星の話で鳥肌が。。。

 

ぜひ、読んでみてください!

 

 

★★★★☆ 自分がメモが苦手な理由が分かった。

メモの活用について、事実→抽象→転用のプロセスから、新たなアイデアを生みだし、自身の言語力の向上につながると言うことが書かれています。

 

具体と抽象の行き来の重要性は、すでに他のビジネス書でもよく見かけるのですが、本書は「メモ」という身近なものを使うことでより具体的かつ実践に繋がることが書かれていました。

 

私はメモを取るのが苦手です。人並みに記憶力があるのでメモをなんとかなってきました。

 

しかし、本書を読むことで、自身がなぜメモが苦手か理解することができました。

 

メモを取ることで身に着く「構造化力」「曖昧な感情の言語化」が不足しているのです。

 

これはある程度自覚はあったのですが、このスキルがないためメモを取らない→スキルが身に着かないという状況だということに気付きました。

 

具体的なメモの取り方が解説されているので、まずはその通りに実践してみたいと思います。

★★★☆☆ メモ=記録? だけじゃない

今までは「メモ=記録」と思いがちだったが、メモをいかに知的財産としていくかを語っている。

 

例えば、「あの映画は面白かった」だけで終わってしまうと、何となく面白かったという一時的な感情だけですぐに消滅してしまう。

 

どの部分が印象に残ったのか、それはなぜ面白かったのか。

 

などを具体的に記録していくことでその情報を他で生かすことができる。

 

 

本書は単なるメモのノウハウ本ではなく、自分が何をやりたいのかを明確にしてくれる本だと言っている。

 

そのために巻末に1000問という大量の質問が用意されているのが驚いた。

【メモの魔力】レビュー・感想・要約・評判!前田裕二流のメモとは|まとめ

「メモの魔力」は私にとってめちゃくちゃタメになった一冊で、何かに悩んだ時に読み返したくなる人生でのバイブル本の一冊となりました!

 

この本の内容をしっかりと理解し、実践することで「考え方」や「会話力」、「人生での生産性」が格段に向上することをあなたも確実に実感することでしょう!

 

この内容で1400円は安すぎると思います。

 

普段メモを取らない人やメモを取るのが苦手な人にはぜひ読んで欲しい一冊です!

 

ということで今回は前田裕二さんの著書「メモの魔力―The Magic of Memos―」をご紹介してきました!

 

あなたもメモの魔力に目覚めて、輝かしい人生を歩んでいきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ゲームアプリランキング

ドラゴンガールズ

ドラゴンガールズ

話題の超美少女育成RPG!恐ろしいほどかわいい個性豊かなキャラを駆使して物語をむふふとクリアしよう!最近プレイ者が続出中!

評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
オススメポイントとにかくかわいいキャラが多い!
ゲームの特徴ドラゴン×美少女の異色のコラボ!

無料で遊んでみる

ドラゴンとガールズ交響曲のリセマラまで考えている方はこちらも!

ドラガルズのリセマラをする!
ドラゴンとガールズ交響曲
【ドラゴンとガールズ交響曲】リセマラガチャ最強当たりキャラランキング!【ドラガルズ】

放置系美少女育成RPG「ドラゴンとガールズ交響曲」通称ドラガルズをこれからプレイしようと思っている方も多いと思います。 放置系RPGの最新作!   ここではドラガルズのリセマラ最強キャラランキングと高 ...

続きを見る

グランドサマナーズ

最高峰のグラフィック、音楽、ストーリーで贈る新感覚爽快バトルの本格王道RPG!

評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
オススメポイント昔ならではのドット絵×RPGで織りなされる王道RPG!
ゲームの特徴ド派手なバトルゲームを堪能できる!他ゲームとのコラボも多い!

無料で遊んでみる

グラマスのリセマラも気になる方はこちら!

グラマスのリセマラをする!
グランドサマナーズ
【グラサマ】リセマラ当たりユニットキャラランキング!【グランドサマナーズガチャ】

グランドサマナーズ通称グラサマをこれからプレイする方も多いかと思います。本記事では、グラサマのリセマラ方法と最強ユニットキャラランキングをご紹介します! 最初のガチャを引くときに、 「一体何が当たりな ...

続きを見る

放置少女

/※短いゲーム紹介動画です\

百花繚乱の萌姫たちが暴れまくる!可愛すぎる!!

評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
オススメポイント放置するだけ!」非常にシンプルな操作感!忙しい方でも余裕で遊べる!
ゲームの特徴とにかくかわいい!絵が綺麗!姫たちのファッションも自由に変えられる!

放置少女 公式はこちら!

放置少女のリセマラも気になる方はこちら!

放置少女リセマラランキング!
放置少女
【放置少女】最強UR副将ガチャキャラランキング!リセマラは?

放置するだけで美少女武将が育成できる、放置少女〜百花繚乱の萌姫たちの最強UR閃副将ランキングを紹介していきます。 放置少女を始めるときに、 「リセマラはできるの?必要?」 「最強のキャラを効率よく育成 ...

続きを見る

-本・書籍
-, ,

Copyright© MediaTrendy|メディトレ , 2022 All Rights Reserved.